selected entries
categories
recent comments
recent trackback
archives
links
recommend
人が幸せになるにはごはんを作ればいいと僕は思う。

コウケンテツおかずの本―肉・魚・野菜のレシピ74 (別冊すてきな奥さん)

コウケンテツの”僕流”家ごはん―肉と魚介の献立&おもてなし (ORANGE PAGE BOOKS)

コウケンテツの野菜でごはん―僕のおいしい、とっておき。 (主婦の友生活シリーズ)



となりの国のスープとごはん (レタスクラブMOOK)

profile
気ままな日記
<< パンを焼きました買いましたトップy,s Deco >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身
東野 圭吾


前回、白夜行を読んでから東野圭吾さんに興味を持ちました
そこで、こじまさんから薦めていただいた「容疑者Xの献身」を読みました。

こじまさんいわく、「最初に事件が起こって犯人もわかってるのに、
ものすごくびっくりする話し」ってことでした。

その通りでした。
びっくりしました。
最後に表紙を見てタイトルに
意味があるなぁ…と思いました。

複雑なトリックが明かされてびっくり
っていうのとも違って
人間の複雑な心理が明かされてびっくり(?)
って感じでした。
なんだかちょっと物悲しい気分になりました。

作家さんの思考回路は一体どうなってるんでしょう!?!?

先日、飛び飛びですが白夜行のドラマのほうを見ました。

原作を読んだときは理解できなかった部分が
ドラマの中では語られていました

ちょっとネタバレ?

雪穂が高宮と結婚した理由が原作を読んでいるときは
よく分からなかったのです。(もちろん財産目当てや技術を
盗むためってのは分かってたけど。)

雪穂が本当に強かな女だからか?
亮司の指示もあって?
と思っていました。

でも、本当に2人はそれでよかったのかなぁ〜
なんか寂しいなぁって思っていました。

って、実は雪穂が亮司のことを想っての結婚だったんですね。

私って理解せずに読んでたかも???
そのうちまた読み返してみようと思います。

でも2回目の結婚のときには、さすがにもう
亮司のことを想ってのことじゃない気がするけどね…
女ってコワイ。
スポンサーサイト
東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』、明屋で「直木賞受賞」というポップとともに出ていたので気になってたのですが。。。

犯人が最初にわかってるのにさいごにはびっくりするって、かなり気になります。。。

ぜんっぜん分野ちがうんですが、私のおきにいりは「きょうの猫村さん」^^
うちは猫を飼ってるので、うちの猫が猫村さんに見えてきて仕方ない。。。

mikanさんが以前紹介されていた「東京タワー」は一気読み!リリーフランキーって繊細な人なんですね。。。

でも、漫画も(の方が?)大好きで、少女マンガやと「クローバー」と「林檎と蜂蜜」が好きです^^





| torabo | 2006/02/26 1:06 PM |
ふ〜ん。すごい難しそうな本を読んでるんですね〜。私も推理小説は好きですけど、ごぶさただなぁ。作者は忘れてしまったんですけど、「しゃばけ」シリーズがお薦めです。時代物は興味ないですか?
それと、それと、絶対お薦めなのが、漫画なんですけど、「焼きたてジャぱん」!!妹が教えてくれたパン屋さんの漫画なんですけど、結構マニアックなことまで載ってまして、私は海洋酵母のことをこれで知ったくらい。
| teroterobo-zu | 2006/02/26 9:01 PM |
*toraboさん*

『容疑者Xの献身』ぜひ読んでみてください。
もうしばらくしたら文庫になるのかな。。。

「きょうの猫村さん」私も気になっていました。
さっそくチェックしてみますっ!

猫村さんは家政婦さんですか?
家政婦さんつながりで言うと、こないだ
「博士の愛した数式」を読みました。
このお話しも主人公は家政婦さんでしたよ。
で、博士は数学の博士号を持っているんです。
で『容疑者Xの献身』の登場人物も数学の先生でした。
おもしろいつながりです。
ちなみに私は数学が苦手です…
| mikan | 2006/02/27 1:37 AM |
*teroterobo-zuさん*

時代物ですか!?まだ読んだことないです。
でもおもしろそうっ

「焼きたてジャぱん」も読んでみたい。
海洋酵母も出てるんですね(笑
これは読まない手はないなぁ。
さっそく本屋さんに行かなくちゃ。
| mikan | 2006/02/27 1:40 AM |
猫村さんは家政婦ですよー^^
ふつうに人間世界に溶け込んでいる猫村さん。。。
猫って全身「毛」なのに、シャンプーハットで頭洗ったり、つっこみどころ満載―。
本屋さんでの立ち読みは危険です。。。
何度も「ぷくく。。。」ってなりますから^^

うちでは家族全員でまわし読み状態でした^^;
ぜひ一読を♪

博士の愛した数式も、両親に薦められてるので読んでみたいんです。
なんだかたくさん読みたい本がありますー^^
| torabo | 2006/02/27 8:46 AM |
『容疑者Xの献身』読んだんですね! mikanさんもびっくりしたとのことで安心しました:) 「これじゃびっくりしないよ!」っていわれたらどうしようかと思っていました。

| こじま | 2006/02/27 12:28 PM |
*toraboさん*

買っちゃいましたよ。
ぷくく。。。
| mikan | 2006/02/28 12:24 AM |
*こじまさん*

『容疑者Xの献身』はさっそく旅に出ました。
さて読んだ人はおどろくでしょうか…
| mikan | 2006/02/28 12:26 AM |
お、早速旅に。ふふふ。

『博士の愛した数式』興味があったのにすっかり忘れてましたが、mikanさんのコメントで思い出しました。かって読もうっと。

大学の専攻は一応数学だったので、いまだに数学っぽいものには憧れがあります。専攻してた人のいう台詞じゃありませんね。落ちこぼれだったようですね(ひとごと)
| こじま | 2006/02/28 1:48 AM |
*こじまさん*

数学といいますか数字に強い人って
かっこいいなぁと思ってしまいます。
ちょっとした話に数字が出てくる人。
私は世界の人口すら言えない。。。
消費税の計算で固まる(苦笑

博士が数字に対して抱いている愛情の少しでも
私に理解できたらもっと違っていたかもしれないのになぁ・・・
| mikan | 2006/02/28 11:17 PM |









http://mikan100.jugem.cc/trackback/201
「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。
   「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」著、10作目。図書館で随分前に予約したのがようやく順番になりました。「直木賞受賞作」だったんですね。本の帯は的外れで売る為に煽情的なのが多いんだけど「運命の数式。命がけの純愛
| 男を磨く旅 | 2007/02/23 6:55 AM |